今の墓所

いわゆる先祖代々のお墓、と言うモノを、ついこの前に場所変えをしてきました。田舎のお墓なので
かなり古い場所にあったものを、新しく出来た墓所に移したんですよね。昔の墓所はなにやら神妙な
雰囲気もアリ、子供などは近づきたくない場所だったと思いますが、今はそうでもありません。

お坊さんにも来てもらいましたが、若い方だったせいかかなりフランクな感じでした。流石にお経など
をやっている時はイメージ通りな感じですが、それ以外は普通の人でした。色々と融通も利かせて
貰いましたし、墓所の人も親切でしたね。

移った墓所は、綺麗に区分けされていて、遠くから見ると美しい形をしています。地面もコンクリート
ですし、お墓参りする道具なども持っていかなくて済むのでかなり楽です。公園にあるような憩いの場、
のような所もあって、ゆったりとした雰囲気がありました。そこで遊んでいる子供、とかはいません
でしたけどね。

墓所では綺麗なお花が沢山です

少し驚いたことがあって、そこはペットの墓所も併設されていました。今はそういう話も聞くよなぁ
なんて思っていると、人が入るお墓と同じくらいの広さがあります。そんなに広いって事はペットが
亡くなったらお墓を作ったりする人が多いって事ですよね。ちょっとしたカルチャーショックです。

親せきなどの行事としてお墓参りを行う時は、それなりに気合を入れなければならない物でしたが、
こういう雰囲気であれば気軽に墓所に来る事も出来そうです。その日は快晴だったせいか、かなり
明るい印象の残る場所でした。